施工実績

東京都府中市にて雨漏り修理、防水工事<屋上ウレタン防水・通気緩衝工法>

東京都府中市にて雨漏り修理、防水工事<屋上ウレタン防水・通気緩衝工法>の施工前写真
東京都府中市にて雨漏り修理、防水工事<屋上ウレタン防水・通気緩衝工法>の施工後写真

ご依頼のきっかけと当社からのご提案

今回の現場は築40年程の3階建てのご住宅にて室内に漏水しているとのご相談です。
工務店さんにもお問い合わせされたそうですが、特定箇所が分からず困り果てた様子でした。
早速、現地調査に伺い調査を進めさせて頂きました。すると至る所が劣化してきており、確かにこれではどこから雨漏りしているか分からない状況でした。屋上の防水もかなり劣化が進行しており、屋上から雨漏りが起こっていることは確実ですが、建物内の室内3カ所から雨漏りしているとのことで、原因は屋上だけはなさそうです。
散水調査を屋上と外壁で分けて行ったところ、どちらからも雨漏りが確認されました。雨漏りを確実に止めるためには屋上の防水から外壁も全て行わなければいけませんが、お客様のご予算の都合もあります。
屋上の防水は状態からみて確実に改修工事が必要ですし、外壁と違い足場の必要もありません。今回はお客様のご要望により、とりあえず屋上と塔屋の防水工事を施工させて頂く運びとなりました。

施工前の様子

屋上 施工前 塔屋

塔屋 施工前 屋上 施工前

こちらは施工前の様子です。

写真でも分かる通り、既設の防水は膨れて捲れてしまっているのが見受けられます。

状態としては非常に悪く、一刻も早く改修しなければいけません。

まずは既存の防水を撤去していきます。

施工中の様子

躯体はシンダーコンクリートと呼ばれる防水層の保護を目的としたコンクリートが打設されておりました。

コンクリートが割れて雨水が浸入しても、防水層に損傷が無ければ、すぐに漏水する事もない為、多少のひび割れは放置されることも多いです。それに加えて前回の防水業者さんはどうやら間違った施工を行ってしまっており、余計に劣化を招いてしまったようです。

通常、シンダーコンクリートは雨水で水分を多く含んでいるため、新しく防水工事を行う際には通気緩衝と呼ばれる、内部の水分を外部に逃がすための、脱気筒などの脱気装置を取り付けます。

そうしなければ中の水分は逃げ道を失い、蒸気になって上の防水層をふくらまし、写真のように破れてしまいます。

残念ですが、そのような知識のないまま前回は密着工法で防水が施されていたようです。

既設の防水を撤去していますが、コンクリートの状態も非常に悪いようです。

水を多く含んでしまった事でコンクリートが沿ってしまい、水たまりができるほど勾配も悪くなっています。

まずはモルタルで不陸調整を行い、下地の調整、既存の目地も撤去し、新しく打ち替えを行っていきます。

一通り下地の調整と目地の打ち直しが完了しました。

次に防水作業に取り掛かります。

塔屋

こちらは塔屋の様子です。

通気緩衝シートと脱気筒を取り付け、立上り(パラペット)から土間にウレタンを塗布していきます。これは1層目の状況です。

ウレタンは基本的には2回に分けて塗布し厚みを確保していきます。

塗料の膜が形成されることで防水される仕組みになっています。

完工

最後にウレタン層を保護する為のトップコートを塗布し完了です。

見違えるほどに綺麗です。

屋上

屋上も同じ工程です。

通気緩衝シートを敷き、継ぎ目はテープで防水します。

1層目の状況です。

立ち上がり箇所から手摺の支柱部分、こちらも特に雨漏りしやすい箇所ですので丁寧に塗布していきます。

防水材を流し込みます。

今回使用している防水材は田島ルーフィングの「オルタックエース」です。

綺麗な青色をしているのが特徴的で、余談ですがこの色鮮やかな青色はオルタックエースだけです。

完工

完工 完工

屋上もトップコートで保護を行い、これにて完工です。

屋上からの雨漏りはこれで心配ありません。

担当者の声

この度は「山嵜建装」にご依頼いただき誠に有難うございます。

屋上の防水を正しく施したことで、雨漏りしていた二部屋は完全に解消されました。

外壁の漏水箇所が残っていますので、素直に喜べませんがひとまず屋上からこれ以上雨漏りが起こることはありません。

今回のケースのように雨漏りは様々な要因が重なって引き起こされる場合がございます。下地の状態や建物の構造によって施工方法は様々です。弊社は東京都府中市を拠点とした雨漏り修理や防水工事、各種塗装工事を専門とした地域密着型の職人直営店ですので、これまで数々の雨漏り修理・漏水改修工事を携わってきました。

中には同じ業者として許せない内容の仕上がりや施工方法を見てきています。

雨漏り修理や防水工事はその出来がお客様の大切なお住まいを守る重要な工事ですので、まずは山嵜建装にご相談下さい。

お客様ひとりひとりに合わせた最善の工事をご提供いたします。

現場住所 東京都府中市
施工内容 雨漏り修理・漏水改修工事<屋上・塔屋のウレタン防水>
施工箇所 屋上・塔屋
施工期間 2週間
その他使用塗料、建材など、備考 ウレタン防水塗料:オルタックエース<田島ルーフィング>

施工エリア

府中市を中心に、小金井市、三鷹市、調布市、国分寺市、国立市、稲城市、多摩市、武蔵野市など近隣地域に対応します。

また東京都練馬区、杉並区、世田谷区、渋谷区、足立区の他、千葉市などへの出張対応も可能です!

※上記に掲載されていない市町村でもまずはお問合せください。
また近県も工事内容により出張可能です。